スポンサーリンク

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系

品種紹介

掛け合わせだよー。

昨年、

紅薊の♀

銅五式のヒカリ体型の♂

掛け合わせたのよね。

どちらも濃くてね。

主に2パターンに分かれたよ。

もう1パターンは

明日ご紹介しますので。

それでは

いつものイッちゃうよー。

いつものイッちゃうよー。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 ♂ 黒容器上見

上写真は男の子。

ちょっと

銅五式寄りだけどね。

本日ご紹介の

種親になる子たちは

F1個体になります。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 黒容器上見

上写真のタマゴを

抱えている子が女の子。

紅薊みたいでしょ。(笑)

上写真の

お腹あたりを

よーく見ると

タマゴが見えますよ。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 黒容器上見

やっぱり

男の子の方が

色が濃くなるよね。

女の子も赤いんだけど、

男の子と並ぶと、

オレンジに見えちゃうね。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 黒容器上見

上写真の右の2匹が女の子。

表現が似てるから

わかりやすいよね。

そうね。

色鮮やかで見応えあるわ。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 黒容器上見

目標はまず、

柄は変わらず、

濃くなればいいなーって。

そして、

ヒカリ体型を期待。

累代していって、

変異個体も出るといいわね。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 白容器横見

この子たちは

♂♀ともに透明鱗です。

体格もしっかりしてるわね。

ヒレにもがついているし、

もう出来上がってる感あるね。

この先もっと

突き詰めていこう。

きちんと整列しているのね。

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 白容器横見

はい。上写真をご覧ください。

♂♀見分けクイズでーす。

正解はー?

左上女の子

右下男の子でしたー。

みなさんは、

わかりましたかー?

紅薊×銅五式ヒカリ体型 紅薊系 青背景横見

どの容器でも、見応え抜群

最後に、まとめるよー。

正直、

累代しようか迷ったの。

スペースにも限りがあるし。

迷っているうちに

色が揚がってきて、

累代することにしたのよね。

情けないお話ですわ。

現在こちらの兄弟を

販売棟へ並べていますので、

ぜひご検討ください。

品種紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タカピラフをフォローする
スポンサーリンク
『めだかの杜』
タイトルとURLをコピーしました